イメージ画像

印鑑っていくらくらいするの?

銀行印を準備するにあたって、やっぱり気になるのが「価格」ですよね。銀行印に限らず、ハンコの値段って、わからない人が多いのではないでしょうか?
実は私も実際に買うまでは、ハンコの値段なんて全然知りませんでした。
何だかんだ値段が高いものが多のでは、と思ったり、安いものはなんだか材質などが怪しい気もしてました。

銀行印は、シャチハタを使うことはできませんが、三文判というハンコを利用することはできます。三文判はお財布にもとても優しい価格で手に入れることができます。ちなみに安いものだと大体100円から300円くらいで手に入れることができますね。しかし三文判といえども侮れず、黒檀などだと2000円するものもあり、本当にピンキリといった感じです。
銀行印として使うだけなら、安くて使いやすいハンコを選ぶのもよいですが、逆にしっかりとした印鑑を作っておき、末永く利用するというのも良いかもしれません。

最近ではキャラクターの柄が入ったハンコや、若い人向けのかわいらしいデザインのハンコも、オーダーメイドでつくることができるようになってきました。お値段も安いものだと500円くらいから買うことができるので、ちょっとお財布に余裕があるのなら、そういったオプションをつけてみるのもよいでしょう。

銀行印に特別決まった規則はありませんから、ちょっとしたおしゃれのつもりで、かわいらしいハンコを用意してみても良いのです。ですから、値段重視の安いハンコを使うもよし、こだわり抜いたお気に入りハンコを使うもよし!自分に合った銀行印を見つけましょう。

このページの先頭へ