イメージ画像

書体って重要?

印鑑にはさまざまな書体のものがあります。
印相体、古印体、楷書体、篆書体、行書体などなど、あまり聞きなれないものもありますね。今あげられた五つの書体が、ハンコによく使用される書体です。

それぞれの書体に特徴はありますが、銀行印に良く使われるのは古印体という書体で、一般的に誰にでもよみやすく、文字が枠に対して大きい構成になっています。その見やすさから、よくみられるハンコにはこの古印体が使われていることが多いです。
また、銀行印には印相体や篆書体のものもおススメです。見やすさなどではなく、単純に「適している」かどうかでは、古印体よりも印相体や篆書体のほうがよいでしょう。また、悪用防止のことを考えるのならば、簡単で読みやすい古印体よりも、複雑で多少文字を崩している印相体、篆書体のほうが適していますから、悪用などが気になる人は、印相体、篆書体のハンコを選んだほうが良いでしょう。

ちなみに、よくご家庭などで見るハンコは縦書きのものが多いですが、実はハンコは横書きにもできるのです。
ですから、より悪用防止や周りとの区別をつけたいときには、横書きのハンコにしてみるのも良いかもしれません。何個もハンコを持っている人にも、区別をつけるという意味で、横書きのハンコはおススメでしょう。

銀行印には、特にハンコの書体指定もありませんし、思い切ってちょっと変わった書体のハンコにしてみたり、横書きのものにしてみたりして、自分オリジナルのハンコを作ってみるのも良いかもしれませんね。
印鑑にこだわりを持つと、使うのも楽しくなりますからおススメですよ。

このページの先頭へ