イメージ画像

銀行印って?

そもそも銀行印って、どういった時に使うものだと思いますか?
銀行印というのは、その名の通り、銀行などの金融機関で使われる印鑑のことです。銀行では預貯金や給料の振込、口座間でのお金のやり取りなどができるのですが、銀行印は、銀行を利用するために口座を開設する時に必要な印鑑なんです。

銀行の窓口で預金を引き出したり、あんまりない例では小切手などを振り出すときにも必要になってきますね。
と、いうかそもそも、銀行印がないと口座を作ってもらうことはできませんし、銀行を利用することができません。なので、銀行を利用したいと思ったら、まずは銀行印を用意しましょう。

銀行印の種類などは、特に金融機関からの指定はないです。なので、自分の好きなハンコを選びましょう。ただし、シャチハタはだめです!ちなみにシャチハタと言うのは、ハンコを押す部分がゴムでできていて、朱肉を使わなくても押すことができるものです。よく宅配便なんかの受け取りには、シャチハタをつかいますね。

シャチハタを持って口座を開設にいっても、取り合ってくれる銀行はないはずです。では、どうしてシャチハタを銀行印として利用できないのでしょう?
その理由としては、印字面がゴムでできているかららしいです。そのほかの基準はクリアしているらしいのですが、やはりゴムは変形してしまう可能性があるので、仕方ないですね。

シャチハタはだめですが、でも、比較的安価な三文判でも銀行印として利用することはできますからおススメです!
重要なのは押したときに照合できるかどうかですから、こだわらなければ大抵の印鑑を利用することができるのです。

会社での代表印鑑について
Yahoo!知恵袋 最新ベストアンサー

はんこ(印鑑)とあんこ
http://www.epispeed.com/

このページの先頭へ